食材別薬膳薬酒 す~た:薬膳薬酒を食材と生薬から調べよう

食材別薬膳薬酒 す~た

西瓜(すいか) すっぽん セロリ 大根(だいこん)
大豆(だいず) たまねぎ


西瓜(すいか)

紹介
 ・赤道付近にあるアフリカ大陸が原産地
 ・日本に西から渡っててきたとので西瓜と書くように
効能
 ・夏バテ防止に抜群
 ・カリウムを豊富に含有→利尿作用、血圧を下げる効果
          *皮には実より多くの利尿作用がある
 ・シトルリン(利尿作用成分)→むくみ、高血圧、腎臓に
 ・身体を冷やす→熱をさげ、口渇を防ぐ
 ・種子→精神を安定にし(高血圧)、肺炎による熱、咳等を防ぐ
その他
 ・スイカポンチを作る→むくみに効果

すっぽん

紹介
 ・血、内臓をすべてきれいに除去し甲羅を肉を使用
 ・日本での食べ方は漢方ではしない
効能
 ・脾臓の腫れに効果
 ・精力が減退気味で気になる方
 ・高血圧が気になる方
料理
 ・必ず生きたすっぽんを利用する

セロリ

紹介
 ・セリ科の作物
 ・ギリシャ、ローマは古代から整腸剤、解熱剤等
  利用されていた
効能
 葉の利用
   ・刻んで絞った汁→+蜂蜜→血圧が高くなった時
   ・刻んで入浴剤→湯さめしにくくなる
 ビタミンCを含有(全身の新陳代謝に効果)  
   ・血圧降下
 食物繊維→ダイエットやコレステロール低下に降下
 香り→食欲増進、頭痛をおさめる(セタツリッド)
     精神を安定にさせる
その他
 ・葉のほうが栄養ある

大根(だいこん)

紹介
 ・よく知られている冬の作物
 ・昔から消化酵素がありよく利用iされていた
効能
 ・消化作用の促進→胃腸の働きを助け便通をよくする
 ・大根をおろした時の絞り汁→綿に含ませる(鼻炎)
 ・大根おろしシップ→炎症による関節痛
 ・食べすぎ時に食するとよい
 ・だいこんの種子→母乳の出が悪い方に効果
料理
 ・部位によって食べ方を考える

大豆(だいず)

紹介
 ・中国北部が原産地で日本でも育つツルマメ
 ・古く5000年以前より栽培された主食物
 ・いろいろな商品に加工できる作物・健康食品
効能
 ・豊富なで良質にタンパク質を多く含有
 ・レシチンの含有→1)老化防止(痴呆症)
               *記憶障害、健康な脳に
             2)高血圧
             3)動脈硬化予防
 ・サポニン→体内過酸化脂質を予防し体脂肪を減少させる
 ・タンパク源→血流を健全にし動脈硬化を防ぐ
 ・体力不足をかんじる方

紹介
 ・原産地は中央アジア
 ・種類としては小たまねぎ、白たまねぎ、紫たまねぎ等がある
効能
 ・硫化アリルを含有→消化を助け、栄養を吸収するように助ける
             →血液が固まるのを防止し高血圧、糖尿病
               血栓予防
 ・肩こり→たまねぎをすりおろし+すりおろし生姜+みそ
 ・高血圧予防→煎じた皮を飲用
 ・不眠→生のままを食する
料理
 ・レバーとたまねぎの炒め物(体力の回復)
 ・牛肉とたまねぎの炒め物(スタミナ食)

 
薬膳薬酒を食材と生薬から調べよう Homeへ 食材別薬膳薬酒 す~た